コーヒーの街メルボルンでバリスタとして働くまで③

コーヒーの街メルボルンでバリスタとして働くまで Australia
この記事は約4分で読めます。

バリスタ経験のなかった私が、「コーヒーの街・メルボルンでバリスタとして働くまで」を書いています。今回は、現在、働いているカフェでのお話です。どのようにしてバリスタの仕事をゲットできたのか、インタビューから採用になるまで、詳しく書いています^_^

メルボルンでバリスタ:私の働きたかったカフェでインタビュー

1件目のカフェを辞めてから、なかなか仕事が見つからずにいました。そんな時に、連絡をくれたのが、今働いているカフェです。そのカフェというのが、家の近くでランニングしてた時に見つけたところで「こんなカフェで働きたいな〜」って思ってた場所だったんです!運命感じた(笑)
    
だから、連絡をもらった当日にインタビューを受けに行きました。インタビューでは、実際にコーヒーを淹れて、週にどれくらい働けるかなどの話をしました。その時に淹れたコーヒーが、まあ最悪で(笑)ミルクのスチームが上手く出来ず、モッサモサのミルクが完成しました。(本番に弱いタイプです。笑)正直、落ちたーと思ったんですけど、オーナーは「練習がいるみたいだねぇ。でも、大丈夫〜。」と笑ってくれ、週末のトライアルが決まりました。まだチャンスはある!と諦めず、トライアルに向かいました。

メルボルンでバリスタ:トライアル当日

トライアル当日は、ドキドキしながらお店に行くと、オーナーはおらず、フロアに日本人の女の子とオージーガールが働いていました。その日は主にランナーの仕事(料理や飲物を運ぶだけ)で、コーヒーは淹れませんでした。内心ちょっとホッとした(笑)
   
こっちの接客業って、マニュアルがあるわけではないので、自己流というか、その人の個性で接客してるって感じがします。だから、自分に合った雰囲気や、お店の空気感って大事だと思っています。
       
トライアルの日、スタッフの接客スタイルやコーヒーを淹れるのを見ていて、ここや!と思いました。キッチン含め、スタッフ全員が優しくて、お客さんまで優しくて、すごく雰囲気が良くて、心地よい空気が流れていました。
      
バリスタ5年目のオージーガールが、コーヒーを出してくれたんですが、それがほんとに美味しくて…

トライアルの日に撮ってた笑

マシンも、またかっこよかったし、夢のような場所に思えて、「絶対ここで働く!」と、気合いを入れ、トライアルを終えました。

メルボルンでバリスタ:憧れのカフェで仕事ゲット!

トライアル後、オーナーから「あなたさえ良ければ、一緒に働きませんか?」と連絡があり、仕事ゲットー!!かなり舞い上がりました。あまりにも仕事がなければ、パートナーとメルボルンを離れようかと思っていたので、ホッとしましたね〜。

●なぜ、私は仕事をもらえたのか?

とはいえ、疑問だったんですよね。「なぜ、私が仕事をもらえたのか?」バリスタとしての経験があったわけでもないし、オーストラリアでの接客業の経験も少なかったから。

オーナー
オーナー

一番の理由は、カフェの近くに住んでたから!

はいーん?(╹◡╹)って、なった(笑)
   
「もちろん経験もちょっとあったから!」とは言われたんですけど。こんな経験談、何も役に立たないんじゃないかとも思いましたが、こういうこともあるんですよーってことで。(笑)

メルボルンでバリスタ:さいごに

結局は、運だったり、タイミングで仕事もらったようなわたしですが、仕事をもらうためにやっていたことが一つあります。とにかく求人に応募し続けたこと。
   
「こんなカフェで働きたい」「こんな風に働きたい」ある程度のことをイメージするのは大事だと思いますが、求人の内容が合ってなさそうでも、とにかく出ている求人に応募していました。常に求人サイトをチェックしては応募し、それの繰り返しです。
    
これだけのことかもしれませんが、たった1分の差で、仕事をゲットする人がいます。たとえば、たった1分、メールを送るのが遅いだけで、あなたのメールは開かれることなく、別の人にその仕事は流れていきます。あなたの方が、別の人より、仕事が出来るとしてもです。
    
メルボルンは、競争率が高いです。カフェの仕事は人気だし、バリスタともなればさらに。仕事が2.3週間見つからないのなんて、ざらです。
    
あるカフェのオーナーが言っていました。求人への応募が何百件と来るから、全部見てられへんねんと。上から来たもの順やと。(実際、そういう風に書いてある求人もありますよね。)とはいえ、「ここわたしには無理そう」と尻込みすることもありますよね。でも、わたしの経験から、「どんな求人にでも応募するのは、自由!選ばれたら、ラッキー!」なので、どんどん、どんどん、応募しましょう\(^o^)/
   
一人でも多くの方が、バリスタとしての夢を叶えられますように(^^)
今後は、実際のカフェでの仕事内容もシェア出来たらなぁと思っています。
  
さいごまで読んでくださって、ありがとうございました\(^o^)/

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村

コメント

  1. みほ より:

    めっちゃちゃんと書いてるやん!!
    すごいーー!向いてるわ

タイトルとURLをコピーしました