メルボルン生活では、マーケットでの食料調達をオススメしたい!

Food
この記事は約4分で読めます。

The Mocchan Timesへ、ようこそ!

どうも、もっちゃんです^_^

もっちゃんについて、よろしければこちらから↓

はじめに
「はじめに」の記事一覧です。

さて今回は、タイトル通り、メルボルン生活ではマーケットでの買い物をオススメしたい!ということなのですが、

メルボルンに限らず、どこか海外に行かれる場合にも、マーケットはオススメですので、その理由をシェアしていきたいと思います^_^

●オススメポイント①ローカル感を味わえる


マーケット(市場)に行くと、その土地のものが必ず何かしら売られています。

野菜や魚などに限らず、工芸品だったり、とにかく「地元産」のもの。

日本では珍しいものや、ないものに出会うチャンスがたくさんありますし、何より地元の人たちの生活を感じられる場所だと思います。

せっかく海外に出たのなら、「日本では出来ない体験」をたくさんしてみてほしいなぁと思います。なので、ぜひ、近くにマーケットがあったら、行ってみて下さい!市場の人たちは、元気で気さくで、色んなことを教えてくれたりもします。初めて見る野菜や魚などがあったら、是非、話しかけてみてください!現地の方と話すキッカケになり、お気に入りのお店を見つけるのもいいと思います!

●オススメポイント②スーパーよりも安い!


この記事を書いている今日も、朝マーケットへ行ってきたのですが、やっぱり、マーケットは安いなぁと思いました。

例えば、今日買ったマッシュルーム。

⚫︎大手スーパー(W社):$11/kg

⚫︎マーケット:$6.99/kg

半額まではいかないものの、だいぶ安いですよねー。

マーケットで食料品を買うようになってから、だいぶ食費を節約できるようになりました。

お肉なんかも比較的安い印象です。

たまーに売り出しなどでスーパーの方が安いこともありますが、基本的にはマーケットの方が種類も豊富で新鮮で、安い印象なのでオススメです。

ちなみに、私はスーパーで安くなってるものを見つけた場合、冷凍庫に余裕がある時なんかにはストック用に買っておいたり、スーパーとマーケットでの「買い分け」をするようにしています。

●オススメポイント③計り売り最高!


特にお肉に関してですが、こっちのスーパーって、基本デカくないですか?(笑)

私はよくウールワースに行っていたのですが、選択肢は500gか1kgか、みたいな。(つくづく日本は便利やなぁと思います。)

お店によっては、カウンターで計り売りをしているところもありますが、基本カウンターで買えるのは鳥肉かちょっとしたシーフード、あとデリ系しか見ません。(大型店で何度か牛肉や豚肉なども売られているのを見たことはあります^_^)

大きいパックを買ってしまうと1人ではなかなか消費できず、1週間牛肉だけ、ということもありました。。。それにバッパーとかやと冷蔵庫も冷凍庫もそんなにスペースなくて買いだめもできなかったり。

その点、マーケットでは鳥肉に限らず、色々なお肉を計り売りで買うことが出来るので、オススメです!魚や貝なども、お店によっては計り売り可能なところもあるので、料理の幅も広がって良いですよね。

●オススメポイント④スーパーにはないものが手に入る!


スーパーでも、ある程度の種類の野菜は買えますが、マーケットに行くと、もっとたくさんの種類から選ぶことが出来るように思います。

特に、私はプレストンマーケットが大好きで、いつも行くのですが、ここは他に比べて特に、アジア系に強い!なので、アジア系の野菜が手に入りやすく、作れる和食の幅もグンと広がりました。ちなみに、最近マーケットで見つけて感動したのは、大葉とレンコンです!レンコンは泥のついたフレッシュなものが売られていて、嬉しすぎました〜〜。(笑)

シェアメイトが作ってくれた天ぷら^_^おいしかった〜♡

メルボルンの他のマーケット(ビクトリアマーケットやサウスメルボルンマーケット)では、プレストンに比べるとアジア野菜の種類は少なくなりますが、スーパーより俄然!種類豊富ですので、新しい食材探しに行くのも良いかと思います^_^

●まとめ


オススメポイントを4つに分けて、紹介しました!

今後は、私が実際に行ったことのあるマーケットについて、それぞれの特徴やオススメポイントもシェアできたらと思っています!(いつになるかわかりませんが。。。笑)この記事を読んでくださった方がマーケットに行ってみようかなぁとか、ちょっとでも興味を持っていただけたら、嬉しい限りです。

ここまで読んでくださってありがとうございました!

それでは、また〜

もっちゃんでした!^_^

●おまけ〜食材の英語名〜

マーケットで買い物をするようになって、野菜の名前やお肉の部位などの英語を調べるようになりました。「これ空芯菜っぽいけど、英語でなんて言うんやろ?」とか、「スジ肉ってどう呼ばれてるんやろ?」とか、実はすごい英語の勉強にもなったりして?と思っています。

特にカフェやレストランで働くと、お客さんから料理について質問されたり、あれやこれが食べられないと言われたり、意外に食材の英語って大事やなぁと思います。

なので、お買い物をしなくても、新しい英単語探しに行くのもいいかもしれません^_^

コメント

タイトルとURLをコピーしました