プラスチックフリーチャレンジを終えて

Life
この記事は約5分で読めます。

The Mocchan Timeへ、ようこそ!

どうも、もっちゃんです。

もっちゃんについて、よろしければこちらから↓

はじめに
「はじめに」の記事一覧です。

さて、7月が終わり、私の1ヶ月間のプラスチックフリーチャレンジも終わりました。

まとめてみたいと思います。

これまでの記事はこちらから↓

7月はプラスチックフリーにチャレンジする!
The Mocchan Timesへ、ようこそ!どうも、もっちゃんです。もっちゃんについて、よろしければこちらから↓さてさて。タイトルで完結してる感が否めないですが笑いろいろ書いていきます。...
プラスチックフリーチャレンジ〜途中経過〜
The Mocchan Timesへ、ようこそ!どうも、もっちゃんです。もっちゃんについて、よろしければこちらから↓さて、今回は現在、チャレンジ中のプラスチックフリー生活について、途中経過をシェアし...

●各目標項目の達成度


①ビニール袋はもらわない

→後半では100%達成できました〜

お肉だけじゃなくて海鮮もタッパーに入れてもらえた!

野菜は冷蔵庫で保管する分は基本新聞で包んでいたら、なんとかなりました。とくに葉物はこれまで水滴でドローってなったりしてたのがなくなって、ビニール袋を使ってた時より、野菜の持ちが良くなったように思います。

②コーヒー等のテイクアウェイに自分のカップを持参する

100%達成しました〜!

後半は空き瓶をキープカップ代わりにしてました。笑

漏れないし、案外気に入ってます。

③サランラップを生分解性のものに変える

→変えましたが、あまり意味はないのでは?説。

このラップがきちんと生分解される(土に還る)には

業務用のようなコンポストの設備が必要になるはず、との意見があり、通常のリサイクルに出しても意味はなく、家庭でのコンポストでも難しいのでは?ということでした。

(カフェに来るお客さんが環境問題に関わる仕事をしているそうで、私が買ったラップについてそう教えてくれました。)

結論、蜜蝋ラップが一番良いとのことで、今度買ってみようと思います。(手作りできるらしいので、作り方も調べ中!)

④プラスチック包装された食品/製品を買わない

→結果、これが一番難題でした。

計り売りにしたり、紙や瓶に入ったものを買うようにして

減らすことは出来たとはいえ!

前の記事にも書いた通り、

日本食品を始めとするアジア食品は、プラスチック包装しかない。と言ってもいいくらい、なかったです。。。

特に今はオーストラリアにいるために、選択肢も少なく難しく思いました。

悔しかったけど、そこを除けば

ほとんど計り売り等でまかなえることも分かったので

出来ることはこれからも続けていきます。

●今回のチャレンジの感想


当初思っていたより、意外と

「大変!」っていう感覚はなかったです。(アジア系食品に関して以外は)

買い物に行くために、バックパックを背負って、タッパーを何個も詰めて、大荷物にはなったけど(笑)、

でも、それだけのこと。

プラ包装だから、買うのを諦めたものもあるし、

どうしても諦められず、買ったものもあります。

決して完璧ではないけれど、

色々な発見をすることが出来たチャレンジでした。

来年には日本に帰る予定なのですが、

それを踏まえて今回のチャレンジを振り返った時

やっぱり今、オーストラリアにいるからこそ、そこまで難しいと感じることなく出来たことなのかも、と少なからず思ってしまったのも正直なところ。

日本での生活を思い返してみると

「野菜って基本包装されてたなぁ」とか

「近くに八百屋さんとか、肉屋さんってあったかなー?」とか

帰ってからの課題は多くありそうです。

まぁ日本にいた時に、こんな風に意識して見てなかったし

今の日本も知らないので何とも言えませんが。

だから、今、オーストラリアにいる間に、色々なアイデアや知恵を自分のものにして、日本に持って帰りたいと思います。

●これから


今回はプラスチックフリージュライ(Plastic Free July) ということで、1ヶ月間チャレンジしたのですが

7月が終わったから終わり!ではなく、これからも続けていこうと思います。

これからの生活では、プラスチックフリーを含め、

Zero Waste(ゼロウェイスト=ゴミを出さない)生活を心がけようと決めました。

前の記事でも書いたことですが

環境に優しいエコな生活をするために

今あるものを捨ててしまうのは、本末転倒。

色んなものが欲しくなってしまうけど、

何かを買い足すより、今、自分が持っているものを大切にすることが、大事なことだと思います。

ライスシロップの空き瓶。ちょうど良いサイズ。

今回のチャレンジ中、新しいキープカップを買う代わりに

この空き瓶を再利用してキープカップにしました。

意外と使い勝手いいかもーと思ってたりして。

あと、ネギも育てました。(ただの実験。笑)

ネギ子。

水だけでこんなに大きくなってくれました。

ゼロウェイストな生活には、手間や時間はかかるかもしれませんが、現代の便利な生活とは違ったものかもしれませんが

背伸びせず、無理せず、自分の生活スタイルにしていきたいと思います。(楽しみながら!)

忙しい生活の中で、

ちょっと何かに手間をかけたり、立ち止まったりすることは

実は贅沢な時間なのかもしれないなぁと思いました。

環境、という大きなテーマで捉えてしまうと

やりがいや、実感は湧きにくいかもしれませんが

自分や大切な人のためを思って、新たな一歩になればいいなぁと思います。

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。

それでは、また〜

もっちゃんでした^_^

コメント

タイトルとURLをコピーしました