メルボルンの量り売りショップのこと。

Life
この記事は約5分で読めます。

The Mocchan Timesへ、ようこそ!

どうも、もっちゃんです。

もっちゃんについて、よろしければこちらから↓

はじめに
「はじめに」の記事一覧です。

さて、今回は

量り売りショップ(Bulk shop)について、シェアしたいと思います。

●量り売りショップとは


こちらでは“Bulk shop(バルクショップ)”と呼ばれています。

基本的に、商品はパッケージなし

量り売りで買い物できるスタイルのお店です。

家の近くにあるのが、このような感じのお店です。

ワクワクするお店

私がよく行くこちらでは

  • 粉類ー小麦粉、片栗粉、米粉etc
  • 穀物類ーお米、オーツetc
  • 砂糖類ー白砂糖、ココナッツシュガーetc
  • 豆類ー小豆、ひよこ豆、レンティル
  • スパイス、ハーブ
  • ドライフルーツ、チョコレート、おやつ系
  • オイル、はちみつ、シロップ
  • 石鹸、洗剤系

こんな感じで本当に色々売られています。

●出会いはパースで


スーパーでお菓子やナッツ類が量り売りできることは知っていましたが、ニュージーランドにいた当時は知らなかったバルクショップ。

オーストラリア/パースにて、始めてバルクショップを知りました。

当時働いていたシェフが教えてくれたのが、このお店。

仕事下さいって言いに行ったくらい好きなとこ

家の近くにあって、なんなら毎日お店の前を通っていたのに、一度も入ったことがなかったんですよね。

それが、パースで初めてキッチンで働くようになって、もっとスパイスとかハーブとか、とにかく色んな食材を使って料理を作ってみたいなぁと思うようになったんですよね。

シェフたちが色々食べさせてくれたおかげで、知らなかった食材にたくさん出会うことができ、それが、このお店に行くキッカケになりました。

お米も安くて、助かったなーー。スーパーのスシライスは高い!

それからは、違う街に行っても、バルクショップを探して、買い物するようになりました。

●良いところ


→プラフリーで買い物できる

バルクショップでは、自分で容器を持っていく

お店にある紙袋を使って買い物できます。

プラ要素ゼロ!

プラフリー生活中も本当に助けらました。

→好きなものを好きなだけ、必要なものを必要なだけ

パッケージされていないので、好きなものは好きなだけ

必要なものを必要なだけ買えるのは、本当に便利だと思います。

たとえば、ハーブやスパイス。

カレーとか作るのに、スパイスを揃えようと思うと

スーパーだと一つ3〜5ドルするスパイスを何種類も買うことに。。。(だいたい使いきれない・・・)

でも量り売りなら、必要な分=使い切れる分だけ買えるので、フレッシュなものを使える上、無駄にもなりません。

→基本オーガニックで種類豊富

お店にもよりますが、

オーガニックショップに併設されていたりすることもあるので

オーガニックのものを見つけやすい感じがします。

私がよく行くお店も基本オーガニックです。

選択肢があるなら、オーガニックなものを選びたいと思っているので、個人的にはすごくポイントが高いところです。

●難点をあげるとすれば


→ちょっと割高です。

例えば、

大手スーパーWoolworthのオーガニックラインMacroの

オーガニック小麦粉は1kgで4.5ドルですが

Source Bulk Foodsでは、1kg6ドルで売られています。

若干、高い。。。

ベイキング用の小麦粉

そしてMacroの小麦粉は紙包装で、プラフリーはクリアしているので、メインで使う小麦粉は、バルクショップでは買わなくなりました。

このようにものによっては、スーパーの方が安い&プラフリー包装があるので

私は買い分けをするようになりました。

●私のオススメ


写真がなくて、いまいち伝わりにくいと思うんですけど

私が好きなものを、お伝えしますね。笑

第1位;フリーズドライのイチゴがチョコでコーティングされてるやつ。(伝わらなさ。笑)

これは、頑張った自分、または自分を甘やかしたい時のご褒美に買います。高いから、ご褒美。笑

ミルクチョコとダークが元々あって、私は俄然ダーク派!最近、ホワイトチョコも出てたけど、さらに高くて買えず。笑

イチゴ丸ごとフリーズドライされてるから、1粒でも食べ応えあり!(伝わらなさ。笑)

第2位;ボタン型のダークチョコレート

まぁふつうのチョコなんですけど、オーガニックで嬉しい。おやつになるし、お菓子作るときにも使いやすくて好きです。

第3位;ポップコーンのコーン

ポップコーンが好きで、いつでも家で作れるので、すごく助かります。オーガニックで、安い。ストックできるから、ちょっとしたおやつに最高です。一緒に食べてたシェアメイトがいなくなったから寂しい今日この頃。笑

以上、全部、おやつでした。笑

プラフリーでオーガニックなおやつを探すと、バルクショップで買うか、自分で作るか。それくらいしか、今のところ解決策は見つかってなくて、こうなりました。笑(後は、オージーっぽくバナナかリンゴかじるかね。)

他にも、レンティルや、小豆、片栗粉なんかもよくこのお店で買います!最近は、お店オリジナルの固形シャンプーを買ってみたんですが、結構いい感じで気に入ってます^ ^

●まとめ


Source Bulk Foodは世界中に展開されているお店です。

最近ではシンガポールにも出店されていました。

近いうちに日本にも来て欲しいなぁと願うばかりです。

オーストラリアにいる方は、メルボルン(VIC)以外にもお店があるようなので、是非探して行ってみて下さいね〜!^ ^

日本でも、東京、大阪みたいな都会には、もうすでにこういうお店あるんでしょうか?

逆に、商店街とかになら、バルクショップみたいなお店、あるんでしょうか?

日本に帰ったら、どんな風に買い物しようかなー。っていうか、選択肢はあるのか?と、最近のちょっとした悩みです。

あと、今、バルクショップみたいなお店をやりたい欲が高まっているので

色々勉強して帰りたいと思います!

*****

ここまで読んでくださって、ありがとうございました!

それでは、また〜

もっちゃんでした。(^ ^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました