オーストラリアでワーホリ!レンマークでマンダリンピッキング。〜最悪で最高な思い出〜②

Australia
この記事は約5分で読めます。

The Mocchan Timesへ、ようこそ!

どうも、もっちゃんです。

もっちゃんについては、よろしければこちらから↓

はじめに
「はじめに」の記事一覧です。

では、前回の続き!

前回の記事はこちらから↓

オーストラリアでワーホリ!レンマークでマンダリンピッキング。〜最悪で最高な思い出〜①
The Mocchan Timesへ、ようこそ!どうも、もっちゃんです。もっちゃんについては、よろしければこちらから↓さて、今回はパースを出て、アデレードで車を買った後の話です。11月ごろか...

●仕事開始!


さて迎えた仕事初日。

私の記録によると、二人でビンの80%

1ビンも作れずに終わった。笑

仕事終わりに

基本、満タンになったビンしか、その日の成果としてカウントされず、半端な分は次の日に持ち越しです。

記録としては、収入ゼロですよ。笑

まぁ、でもそこまで落ち込むこともなく

初日はこんなもんでしょって、ことで改めて作戦会議を行い、終了。

体バッキバキ。

●思ってたんとちゃうわ


次の日、仕事休みの連絡。

えーーー

なーんもやることないねん、この辺。笑

一件だけ、美味しいコーヒーがあるカフェを見つけました。↓

なかなか洒落てるカフェ
Arrosto Coffee | Boutique Coffee Roaster & Cafe, Renmark, South Australia

もしも、レンマークに行く時には、是非ここへ!

コーヒー豆も買えるよ!

話を戻して、、

聞けば、最近は、毎日は仕事がないとのこと。

えーーーー話全然違う。。。

シトラスの種類にもよるそうなのですが、

私たちがいた時期は、まだマンダリンのオフピークで

ハイシーズン待ちって感じだったみたいです。

シトラスについては、あまりにも情報がなく

色んな方のブログを読ませていただき

とにかく稼げない。ということだけはわかっていて

1日150ドル稼げれば良いかなーくらいだったので

まぁ想定内といえば想定内だったのですが。

遊ぶとこないし、やることないし、wi-fiもないから

まぁ暇でした。笑

●マンダリン、やっぱしんどい


ひさびさに仕事が来たかと思うと

まぁ、条件最悪なファームで、コスタじゃないところ

チャイニーズ系のファームだったのですが

ここで働いた分はキャッシュで支払われるとのこと。

単価は良かったんですが、何より肝心な実がないんですよ。笑

もしくは、プルーニングが悪すぎて、

木1本ずつが、ジャングル状態。笑

ピッキング経験ある方ならわかると思うんですが、

シトラスは木の中に入り込まないと実が採れないんですよね。

でも、プルーニングが悪いと

ハシゴが入らない=採れない=稼ぎ悪い。

あれは間違いなく、条件最悪のファームでした。

おそらくハイシーズンまでの繋ぎとしてのファームだったんだろうとは思うのですが、

しまいには、

スーパーバイザーがファームオーナーと喧嘩して

最初は

『聞いてた話と違うんですけど。どういうことですかね?』

みたいな感じで穏やかに話してたのに

「いや、今日でここは終わりだよぉ。明日からはいいとこあるんだよぉ。ほんとだよぉ?( ・∇・)」

みたいに、ファームのオーナーがとぼけて、どうにか条件悪いところをピッキングさせようとするから

もうスーパーバイザーのマイケルがブチギレですね。笑

『おたくどうなってますの?!この前も同じこと言ってたでしょ?!』

『もうあんたとは仕事せんからな!!』

→『みんな、ごめん!今日は解散!』

スーパーバイザー、ヤンキー。笑

●初任給公開


1週間の給料、約5000円ってとこです。笑

この週は、3日働いていました。

$90/1ビンで、私は5ビン作ったんですね。→$450+

そして、私たちは車があったので、ガソリン代として、一人につき1日$7頂いておりました。→$21+

ボンドや家賃は給料からの引き落としだったので→$300ー

結果手取りは→$61.5

この週は3日働いたから、1日20ドル。笑

もしガソリン代なかったら、手取りは40ドルですね。

ただ、これでも、めっちゃいい方なんですよ。

稼げない子は、手取り5ドルとかでした。

5ドル。。。笑

ピッキングジョブは、コントラやから仕方ないんですけど

文句は言えないですけど。笑

5ドルなんか、1日の食費にもならん。笑

あまりにも可愛そうで、ご飯食べれてるか心配なりました。

●友情の芽生え


そんなこんなで、

まぁまぁな悪条件の下、働きながら

その上、毎日は仕事がない。

当時の記録を見返しても、働いたのはだいたい週3、4日。

そして、遊ぶところもない。

そうなると、

残るはお酒を飲んでワイワイするくらいってことで

だんだんみんなと仲良くなるようになりました。

チームバンクシア!!あの箱のワインね。笑

特に、『NO ENGLISH』と言った奴らは

本当に英語が話せなかっただけで、

最終的には一番の友達になりました。笑

一緒にご飯を作って食べて、よく一緒に飲みました。

飲みゲーム。笑

一生付き合える友達に出会えたことだけが

このファームに来て、良かったことだと思います。笑

オーストラリアのワーホリ生活の中で一番飲んでたのは

間違いなくレンマーク生活。笑

*****

つづく。。。

ここまで読んでくださって、ありがとうございました!

それでは、また〜

もっちゃんでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました