オーストラリアでワーホリ!チェリーピッキングのまとめ。③〜Solferino〜

Australia
この記事は約5分で読めます。

The Mocchan Timesへ、ようこそ!

どうも、もっちゃんです。

もっちゃんについては、よろしければこちらから↓

はじめに
「はじめに」の記事一覧です。

前回の記事↓

オーストラリアでワーホリ!チェリーピッキングのまとめ。②〜Hill Lock Orchard〜
The Mocchan Timesへ、ようこそ!どうも、もっちゃんです。もっちゃんについては、よろしければこちらから↓前回の記事↓さて、今回は、第1弾!Hill Lock Orcha...

今回はSoferino編です!

●ヒルロックから脱出!!


BCOからキャンプをオープンしたという連絡をもらい

ヒルロックから早く出たかったため(笑)

11月18日BCOのキャンプへと移りました。

しかし、実際仕事が始まるのは11月末だと連絡をもらっていたので、どうしたもんかと思っていたところ。。。

BCO2年目だというフレンチカップルがキャンプに先乗りしており、そのカップルの友達が私たちにも仕事を紹介してくれるとのことで

それがSolferino(ソルフェリーノ)でした。

こういう助け合いって、本当に素晴らしいと思う。

感謝!

●めっちゃ良さげなファーム


11月21日、ソルフェリーノ初日。

ファームについた途端、バケツと番号札をもらって、速攻でピッキングをさせてくれるあたり、ここはなかなか優良ファームやなぁと感じました。

*****

単純なことのようですが、番号札で個人を特定できるようになってたり、ピッキングの道具がちゃんと用意されてるって、すごく大事なことで、例えば番号の振り分けがないと、他人のバケツを盗み放題だったり、ファーム側に抜かれたり。。

ちゃんとしてないとこも結構多いんです。

*****

ソルフェリーノでわかったことは、

Young周辺にも、シーズンが3つくらいあって、それぞれ微妙に時期がずれているそう。

ソルフェリーノは一番早く始まるところだったようで、私たちがピッキングさせてもらったころが、ちょうどピークシーズンでした。

だから、チェリーもしっかりあったし、木のプルーニングもしっかりされていて、身長が低い私でも台無しでピッキングできました。

BCOでの本番前に、良いトレーニングになって、楽しかったです!

ファームも結構でかくて、遠いブロックに行くときには、ちょっとしたサファリ体験のようで、牛やら羊やらがいる中、荷台に乗って草原の中を走りました。

楽しかった!!

ここは、ペアごとに1ロードをポン!とくれるので、仕事もしやすかった印象です。

こちらは、基本的にホールピックで、1ラグ13ドルでした。

●ファームあるある


トイレ問題です。

トイレどこですか?と聞いたものの、

「トイレはねぇ。歩いてあっちまで戻って、ねぇ、そこらへんなのよ。。。ね!

え?

まぁ、予想はついたし、ファームではよくあることで

フリーキャンプとかで慣れてはいたけど、やっぱり抵抗はありますもんねぇ。。

まぁ、結果、自然に還しましたけれども。

さすがに、大きい方は遠慮したけど

私のパートナーは緊急事態に見舞われたこともありました。

体調管理も大事なので、お気をつけください。笑

●チェリーピッキングあるある


私は、虫が大の苦手です。

それでよくファーム仕事やったなぁと思うのですが、笑

自然相手なので、避けようもないし、どうしようもない。

慣れるしかないし、我慢するしかない。笑

せいぜい、虫が服の中に入らないようにするくらいしか出来ませんでした。

最後まで慣れなかった、心底嫌いだったのが、

ハサミ虫🐛です。

見たくないので、写真は載せませんが、興味のある方はGoogle先生にお尋ねください。→「ハサミ虫」

ニュージーランドでは見なかった気がするけど、

オーストラリア(メインランド)では、とにかく多かった!

何度か挟まれてチクッとすることもありましたが、

基本的には害のない虫のようです。

が!とにかくキモいから無理。笑

暗いところや、湿気の多いところを好むらしく、チェリーが密集していたりすると、まぁまぁの確率で潜んでおりました。

まっ黒クロスケみたいに、ファーーーーと散るのも

また気持ち悪くて。。。笑

嫌すぎて、半泣きでピッキングしたことも。笑

いくら嫌いでも、チェリーを採るためには、いちいち探しながらピッキングするわけにもいかなくて、毎回ドキっとさせられてました。。。。泣

仕事終わりに着替えたときに、潰れたアイツが服の中から出てきた時は、本当に、心底仕事が嫌になりました。

虫嫌いの方、覚悟して挑んで下さい。

●ソルフェリーノまとめ


こちらは、本当に仕事がない時だけ、働かせてくれる

神のようなファームで、実際働いたのは5日のみでした。

稼いだ合計は→TAX後$563でした。

ピークシーズンだったことを考えると稼ぎは全く良くないのですが、理由は雨で1時間しか働けなかった日があったことと、雨のせいで採れるチェリーがなくなってしまったことが大きいかと思います。

自然が相手の仕事なので、どうしようもありません。

が、BCOのキャンプには全く仕事がない人たちもいる中、私たちは働かせてもらうことが出来たので

有難や〜🙏🙏🙏

ソルフェリーノは、バッパーたちのファミリー感がすごくて、キャンプの設備も良さそうでした。

業務用の冷蔵庫があって、キッチンも広めだったし、シャワーとトイレの数も十分あって、きれいでした。

週に30ドルだったはず。。。

ヒルロックじゃなくてこのファームに来たかった。。。笑

******

次回は、ついにファーム③BCO!

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。

それでは、また〜

もっちゃんでした!

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました