砂糖は麻薬!?シュガーフリーという新しい食生活スタイルに注目!

Food
この記事は約6分で読めます。

甘いもの大好きー!っていう、そこのあなたー!!
 
砂糖には、麻薬のような中毒性があるって、知ってましたか?
 
シュガーフリーという、新しい食生活スタイルを紹介します!
 

ブログを書いてる人

どうも、もっちゃんです。
もっちゃんについては、こちらから↓

はじめに
「はじめに」の記事一覧です。

砂糖は何から出来ているでしょうか?

一般的な砂糖(白砂糖)の原材料は「サトウキビ」です。
   
砂糖にも、実はたくさん種類があって
他には甜菜糖(サトウダイコン)、ビーツシュガー、ココナッツシュガーなどがあります。
  
ところで、こういうの、聞いたことないですか?
 

A氏
A氏

砂糖は漂白してるから白いんだよ!

  
これはねー、都市伝説ですね。はい。

もっちゃん
もっちゃん

砂糖が白いのは、精製してるからです!

  
玄米を精製したものが、白米になりますよね。
(同じではないけど、イメージとして。)
 

また、ここでも、お米が例になりますが、
玄米の方が栄養があって、身体に良いと言われてますよね。
「あの皮のところに、栄養がいっぱい詰まってる!」とか。
 
これは砂糖においても同じようなことがあって、
精製される過程で、ミネラル等の栄養素が失われてしまい、
白砂糖になった時には、「甘み」だけが残っている状態。
   
ただの甘い塊。中身がない。的な?
 

砂糖は麻薬と同じ?

砂糖は「マイルドドラック」と呼ばれています
    
麻薬と同じような中毒性があり、その中毒性はコカインより高いとも言われています。
 

もっちゃん
もっちゃん

こっわーーーーー

  
日本人は砂糖依存症や砂糖中毒が、かなり多いと言われています。
 
砂糖がマイルドドラックと呼ばれ、中毒になる理由は
 
砂糖を取ると「脳がドーパミンを出し、快感を覚える」「甘いもの(砂糖)を食べると幸せ」=もっと欲しい!!」となるわけです。
  
だから、砂糖を摂取できないと、イライラしたり、不安になったりしてしまうんですね。
  
でも、考えてみてください。
砂糖って、小さな子どもから大人まで、みんなが口にするものですよね。
  
麻薬みたいな中毒性があるとわかっているにも関わらず、
禁止されているわけでもなく、特に制限もなくて、生活に馴染んでますよね。
こういうことを知ると、
「みんな食べてるから、安全!」っていうことにはならないんやなぁと改めて思います。
 
やっぱり知ることがまずは大事!

砂糖を辞めるべき理由

特に女性に知ってほしいことですが
  
砂糖の取り過ぎは、PMSや生理痛を悪化させることがあります!
     
私自身の経験ですが、一時期、PMSがひどく、すごく悩んだ時がありました。
当時は、海外にいたため、簡単に病院にいくことも出来ず、とにかく、ひたすらPMSについて調べました。
 
そして砂糖の摂り過ぎで、PMS症状がひどくなることがあるという答えにたどり着きました。
   
PMS→砂糖とまさかの繋がり!
    
私は大のチョコレート好きで、海外のチョコレートが美味しくて、、、結構、食べてました。
 
見事に、砂糖摂りすぎ→PMS悪化のループにハマっておりました。
   
生理前とか疲れている時って、無性に甘いものが食べたくなったりしますよね。
「生理前やし」「今日頑張ったから」と、自分を甘やかしてきましたが、
実はそれが余計に自分を苦しめるのだと気づいたんです。
  
そこから、白い砂糖は辞めようと、砂糖断ち(シュガーフリー)にチャレンジし始めました。
 

甘みがほしい時!白砂糖の代わりは?

シュガーフリーを始めて、白砂糖の代用ができるものを探していると
結構、種類があって、驚きました!

みりんをお砂糖代わりに使う方法もありました!
  
私自身も、色々と試してきましたが、
  
現在は、はちみつ、メープルシロップ、ライスシロップ、ココナッツシュガーを主にストックしていて、料理や用途によって、使い分けるようにしています。
 

(お気に入りのメープルシロップ)
(はちみつよりさらっとしていて、さっぱり)
(原料は玄米)
(生はちみつ。これはクセが少なめで使いやすいです)

シュガーフリーの効果は?

シュガーフリー生活を始めたのが、今年(2019年)4月ごろです。
とはいっても、代替えの甘味料は使っているし、外食もするので、砂糖ゼロには、程遠いです。
  
本格的に砂糖を断つ人は、代替え甘味料や、果物に含まれる糖分ですら、摂りません。
それに比べると、私はゆるシュガーフリーですね。
 
そんな感じではありますが、「これはシュガーフリーのおかげか?」と思う変化をまとめてみます。

①PMSについて

以前は、PMSがやってくると、何事に対してもやる気がなくなってしまい、気分の浮き沈みも激しく、彼との喧嘩も多かったです。
とにかくイライラするから、普段ならどうでもいいことに引っかかってみたり。
突然、ひたすらネガティブになったり!
  
シュガーフリーを始めてから、全くそういうことがなくなった!という訳ではありませんが
PMS中でも、穏やかに過ごせるようになりました。
浮き沈みの激しさが落ち着いたことで、精神的にも肉体的にもかなり楽になったと感じます。
 

②味覚について

シュガーフリーを始めた当時は、味付けが物足りなく感じたり、しょっちゅう甘いものが食べたくなって、最後までチョコレートから離れるのは辛かった…
  
今では、以前ほど、甘いものが欲しい!とはならなくなったし、
市販のものを食べると、甘すぎる!と感じるようになりました。
  
お菓子を手作りにしたり、ご飯を作る時も砂糖を減らしたりと、砂糖の量を調節できるようになったことで、今まで麻痺していた感覚を、取り戻すことが出来ました。
 

砂糖は麻薬?:まとめ

まとめ

・砂糖の中毒性は、コカインよりも高い
・砂糖の取り過ぎは、PMSの症状を重くする
・砂糖の代用品は結構たくさんあるので困らない
・シュガーフリーを実践するメリット→味覚が正常になる

     
生活の中で「砂糖」を意識して色々な食べ物を見ると、こんなものにまで砂糖が入ってるのかと、驚くと思います。
  
和食や中華など、料理にも砂糖をたくさん使うように、ザ・スイーツ!というものでなくても、実は結構な量の砂糖が使われています。
   
       
姪や甥に会うと、ついつい「お菓子買ったろか〜」と言ってしまいがちでしたが、これからは気をつけようと思いました。
子供の頃からの依存だと、砂糖から抜けるのが大変になるし、影響も大きいと思うんです。
子どもは自分の力でコントロールするのが難しいから、大人のサポートが必要です。
      
加工食品が充実したことで、砂糖を摂る量も無意識のうちに増えてしまうであろう時代。
シュガーフリーは、そういう時代に逆らうものかもしれないけど、まずは、もっとたくさんの人に知ってもらえるように。
  
そのきっかけになることを願って!

ここまで読んでくださって、ありがとうございました^_^

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ブログを読んで良かったと思って下さった方は、
サポートよろしくお願いします^_^

コメント

タイトルとURLをコピーしました