安全安心な食べ物を選ぶために知っておきたい”6つのNO”

Food
この記事は約5分で読めます。

「安心して食べさせられる食品を選びたい。」
「安全な食べ物を選ぶ基準がわからない。」
   
そんな方へ向けて、オーストラリアに住んでみて見つけた
安全安心な食べ物を選ぶために知っておきたい”6つのNO”をシェアします。
 

記事を書いてる人

オーストラリアでワーホリ2年目のアラサーもっちゃんです。

https://themocchantimes.com/2019/04/08/%e3%81%af%e3%81%98%e3%82%81%e3%81%ab/

安全安心な食べ物を選ぶために知っておきたい”6つのNO”

オーストラリアでは、食品のパッケージによくこんなものを見かけます。

  1. No Artificial Color(人工着色料不使用)
  2. No Presertives(保存料(防腐剤)不使用)
  3. No MSG(グルタミン酸ナトリウム不使用)
  4. No GM(GMO)(遺伝子組み換えではない)
  5. No Added Suger (砂糖不使用)
  6. No Articial Flavor(合成香料不使用)

  
健康志向が高いと言われるオーストラリアでは、こういった表記をたくさん見かけます。
こちらに売られている日本食でも、No MSGやNo Presertivesのものが多い気がします。
オーストラリアという土地柄、そういったものを選んで販売されているんだと思います。
 

もっちゃん
もっちゃん

では、ひとつひとつ詳しく説明していきます!

●No Artificial Color(人工着色料不使用)

↑お気に入りのグミ

赤い福神漬けに、黄色いたくあん、青いかき氷のシロップ、緑色のメロンソーダ。
全て、着色料で色付けされたものです。
赤色〇〇番などという表記を見たことがあると思いますが、それが着色料を表すものです。
これらは、食品をより良く見せるために使用されているものですが、
一部の人工着色料には、発がん性が認められているものもあります。
食物由来の着色料に切り替えが進んでいるそうですが、
未だに人工のものが使われているのが現実だそうです。

●No Presertives(防腐剤/保存料不使用)

賞味期限が2年先。そういうことも珍しくないですよね。
これらは、基本的に、防腐剤や保存料を加えることによって可能とされていることです。
食品をより長持ちさせるための策ですが、それが人体に影響がないかといえば、残念ながらそうではないんですね。
本来、食べ物は腐って、だめになるのが自然なことなんだと思います。

●No MSG(グルタミン酸ナトリウム不使用)

↑NO MSG

MSGは”Monosodium Glutamate”からきています。
日本語で一般的によく見かけるのは「調味料(アミノ酸)」です。
このアミノ酸=グルタミン酸ナトリウムです。
海外では、使用を制限している国もありますが、日本を含むアジア諸国では、まだまだ大量に使われています。
グルタミン酸ナトリウムは、化学調味料です。
MSGの危険性は未知と言われており、つまり「食べ続けるとどうなるかわからない」ということ。
私は、MSGを避けるようになってから結構経ちますが、外食で料理に使われていたりすると頭が痛くなるので、すぐにわかるようになりました。
いつどうなるんかわからんような食べ物、食べ続けるのは怖い!

●No GM(GMO)(遺伝子組み換えではない)

納豆のパッケージや、卵、とうもろこし製品でよくみかけませんか?
「この商品は、遺伝子組み換えではない〇〇を使用しています。」
では、遺伝子組み換えだと、どういった問題があるのでしょうか?
動物実験では、腫瘍の発生や寿命が短くなるなど、異常が見られたことが報告されています。
日本では、TTPの影響で、この表記がなくなるかもしれんって、読んだことがあるけど、その後どうなったんでしょう?
もし、本当にそうなるなら、怖すぎる!!

●No Added Suger (砂糖不使用)

砂糖は麻薬!?シュガーフリーという新しい食生活スタイルに注目!
甘いものは好きですか?砂糖には麻薬と同じような中毒性があることを、知っていますか?日本には、隠れ砂糖中毒者が、かなり多いと言われています。あなたもその一人かもしれません。砂糖との新しい付き合い方、シュガーフリーという新しい食生活スタイルについてシェアしています。

以前、砂糖の中毒性についてもブログを書きましたが、砂糖は知らず知らず摂りすぎてしまっているもの。
甘いお菓子だけでなく、本当に色んなものに砂糖は使われています。
砂糖の摂り過ぎで良いことは一つもありません。百害あって一利なし。
だからこそ、砂糖もできるだけ避けたいものです。

●No Articial Flavor(合成香料不使用)

香料=香付けをするもの。
天然の香料もありますが、合成香料が使われることがほとんどのようです。
合成香料の主な原料は、石油です。
→プラスチックやガソリンと同じものです。食べるものではないことはわかりますよね。

例えば、果汁100%と、果汁5%のオレンジジュース。
果汁100%と比べて、果汁5%が水っぽいことはないですよね?オレンジの風味もある気がしますよね。
でも、それは香料があるからです。他にも色々と加えて調整しているからです。=騙されてる!

安全安心な食べ物を選ぶために知っておきたい”6つのNO”:まとめ

  1. No Artificial Color(人工着色料不使用)
  2. No Presertives(保存料(防腐剤)不使用)
  3. No MSG(グルタミン酸ナトリウム不使用)
  4. No GM(GMO)(遺伝子組み換えではない)
  5. No Added Suger (砂糖不使用)
  6. No Articial Flavor(合成香料不使用)

  
自分が何を食べようとしているのか、知ることが大事だと思います。
今回の6つのNOを参考に、まずは、しっかりと原材料の表記を確かめてみてください。
  
発がん性など、体に悪い影響があるとわかっているのに、未だに食品に使用されて続けているのが現実。
危険性が未知数のまま、何も知らずに、知らされずに食べている私達。

  
食品でも薬品でも、よく動物実験がされますが、この現状では、人体実験とも取れる状況です。
だから、「自分の身は、自分で守る」しか、ないと思っています。
そのためには、まずは知ることから。
美味しいごはんを食べて、健康でいるため、一人でも多くの方に届くことを願っています。
 
ここまで読んでくださって、ありがとうございました^_^

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログを読んで良かったと思って下さった方は、
サポートよろしくお願いします^_^

コメント

タイトルとURLをコピーしました