【旅行者必見!】シドニー観光に必要なオーパルカードを使いこなす!

Australia
この記事は約4分で読めます。

The Mocchan Timesへ、ようこそ!
どうも、もっちゃんです。
もっちゃんについては、こちらから↓

はじめに
「はじめに」の記事一覧です。

シドニー観光をするのに必須なのが、交通カードOpal Card(オーパルカード)です。
これは日本のSuica(スイカ)やPitapa(ピタパ)のようなものです。
今回、シドニー旅行に行ってみて、色々とわかったので、お得に旅するための情報をシェアしたいと思います。

Opal Card(オーパルカード)

Opal
Opal fares, types of Opal cards, how to top up, register your card, travel caps and benefits, where to get Opal cards and single trip tickets

オーパルカードは、電車・バス・ライトレール(路面電車)・フェリーで使うことができます。
1枚で全部OK!

オーパルカード自体は、無料です。
駅の窓口やコンビニでも購入できますが、旅行者のほとんどは空港で買うことになるかと思います。
カードはお金をチャージしないと、使えません。
使う前に必ずチャージしましょう!

こちらでは、チャージすることを“Top Up”(トップ・アップ)とも言います。
機械にも”Money Top Up”のように表記されているので、覚えておくと便利だと思います!

空港でのチャージに注意!

オーパルカードのチャージは基本$10からです。
ですが、注意しないといけないのが、空港駅では最低$35ドルということです。
滞在期間が短い場合や、移動が少ない場合には、使い切れないこともあるかもしれません。

オーパルカードは、払い戻し可能ですが、
払い戻しのための条件が「オーストラリアの銀行口座を持っていること」なので、
実質、日本からの旅行者には、適応されません。

ご自身の滞在期間と、だいたいの移動範囲を考慮して、チャージする分を決めるのが良さそうですね。
また、オーパールカードがなくても、切符(Single trip Ticket=シングル・トリップ・チケット)でも交通機関は使えるので、そちらも選択肢に入れておくといいかもしれません!

オーストラリアのカードを持っている場合

ワーホリ中などで、オーストラリアのカード(デビットカードなど)を持っている場合、わざわざオーパルカードを持つ必要はありません!
タップして使えるものであれば、そのカードをそのまま使うことができますし、携帯での支払いにも対応しています。
私は、携帯でタップして使用していました。(Samsung Pay)
わざわざチャージする必要もなく、カードを持つ必要もないので、とても便利でした!

料金システム

基本は、距離によって、料金が変わる仕組みのようです。↓

(電車)
(バスとフェリー)

1日の上限が決まっていて、1日最大$16.10です。
そして日曜日は、なんと最大$2.8

めちゃくちゃ安い。。。!

また、オフピークであれば、30%割引もあるようです。
他にも、長期滞在であれば、月額もあるようなので、色々とお得になりそうです。

空港駅の特別料金。節約する方法!

ほとんどの旅行者の方が、空港駅から電車に乗って、街に出るかと思うのですが、
空港駅から電車に乗った場合、特別料金がかかります。

$14.87/1回(1週間に2回以上空港駅を使用した場合は、何回でも$30.16となります。)

そこで、この特別料金を安く抑える方法を、今更調べて見ました。笑

①バスを使って空港を出る
バスは空港の特別料金がかからないので、距離料金です。
バスを使って、最寄りの駅まで出てしまえば、かなりお得になりますよね。
空港からだと400番と420番のバスが出ているようです。

そして、この方法、地球の歩き方にも書いてくれてた。。。!!↓

(さすが地球の歩き方)

ちゃんと隅々まで読むべきでした。笑

②特別料金が安くなる駅がある
どうしても電車を使う場合は↓

Airport station-Green Square $8.97+電車料金
Airport station-Mascot Station $6.57+電車料金

この2つの駅であれば、特別料金が$8.97、または$6.57なので、お得ですね。

なんで、これを事前に調べんかったんやろうか。笑

これから行かれる方は、是非、この方法を使って、お得に旅行してください!!

他に注意すること

①乗りたいバスが来た時は、手を挙げて、運転手に知らせましょう。
1つのバス停に、たくさんの路線が停まる場合や、降りる人がいない場合など、運転手が素通りしていくこともあります。
基本的には、手を挙げなくても止まってくれますが、たまに、そういうことが起こります。
手を降って、合図しましょう。

②タダ乗りに対しての罰金が$400です。
(ちなみにメルボルンは$200)
特に、ライトレール(路面電車)は、カードをタッチしなくても、乗れる雰囲気は出てました。
(メルボルンでも、タダ乗りする人はたくさんいます!)
が、旅行中に罰金を取られるのは、かなりイタイ。。。
時間もお金も無駄になってしますので、しっかり払いましょう!

*****

ここまで読んでくださって、ありがとうございました!
それでは、また!
もっちゃんでした〜

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました