コーヒーの名前、英語でなんていう?英語でコーヒーを注文しよう!

Coffee
この記事は約6分で読めます。

せっかくオーストラリアに行くのなら!
おしゃれなカフェでコーヒー飲みたくないですか?^_^
 
「英語で注文するのは不安・・・」
「英語はちょっと苦手・・・」という方でも、大丈夫です!
 
オーストラリアで現役バリスタとして働く私が
コーヒーの種類と名前、オーダーする時の英語フレーズも紹介します!

英語でコーヒーを注文しよう!コーヒーの種類と名前

コーヒーといっても、オーストラリアには、たくさんの飲み方があります。
 
日本では馴染みのないものもあるかと思いますので
まずは、どんなコーヒーの種類があるのか、名前と一緒にみていきましょう^_^

エスプレッソベースのブラックコーヒー

●Espresso(エスプレッソ)/Short Black(ショート・ブラック)
→エスプレッソ
 

●Long Black(ロング・ブラック)
→ダブル・エスプレッソ+お湯
 
お湯の上にエスプレッソがロングブラック、エスプレッソの上にお湯はアメリカーノになります。
 

エスプレッソベースのミルクコーヒー

※スチームミルク=温めたミルク
※フォームミルク=ミルクを温める時に出来る泡状ミルク
 

●Latte(ラテ)
→エスプレッソ+スチームミルク+フォームミルク(約1㎝)
 
カフェラテと同じです。
 

●Cappuchino(カプチーノ)
→エスプレッソ+スチームミルク+フォームミルク+チョコパウダー
 
クラッシックなカプチーノはスチームミルクとフォームミルクが1:1ですが
オーストラリアではラテに近い割合のものが多く、チョコパウダーがかかっているのが一般的です。
 

●Flat White(フラットホワイト)
→エスプレッソ+スチームミルク+フォームミルク(5mm以下)
  
オーストラリアやニュージーランドでよく飲まれるスタイルです。
   

●Mocha(モカ)
→エスプレッソ+チョコレート+スチームミルク+フォームミルク
  
甘すぎず、苦すぎず、コーヒーが苦手な方にもおすすめです。
  

フィルターコーヒー

※Filter Coffee(フィルター・コーヒー)→フィルターコーヒーの総称
  

●Pour Over(プア・オーバー)
→バリスタが1杯ずつ淹れるフィルターコーヒーです。
  
バリスタの腕が試される!
 

●Batch brew(バッチ・ブリュー)
→機械で作るフィルターコーヒー
  
何杯分かを機械で一気に作るので、プア・オーバーと違って味にムラが出にくいです。
 

冷たいコーヒー

●Iced Long Black(アイス・ロング・ブラック)
→ダブル・エスプレッソ+水+氷
 
エスプレッソベースのブラックアイスコーヒーなら、これ!
 

●Iced Latte(アイス・ラテ)
→エスプレッソ+ミルク
 
冷たいカフェラテです。
  

●Iced coffee(アイス・コーヒー)
→エスプレッソ+ミルク+アイスクリーム
  
日本の感覚で「アイスコーヒー」と注文すると、全く違うものが出てきてしまいますので
ご注意ください!
  
●Cold brew(コールド・ブリュー)
→水出しコーヒー
 
ブラックコーヒーですが、エスプレッソベースとはまた違った美味しさ!
  

こんなコーヒーもあります!番外編

●Short Macchiato(ショート・マキアート)
→エスプレッソ+フォームミルク少量
   
食後などに、クッとこれを飲んで帰ったりすると、通な感じですね!
  

●Long Macchiato(ロング・マキアート)
→ダブル・エスプレッソ+フォームミルク少量
  
これはショート・マキアートの倍の量になります。
  

●Piccolo latte(ピッコロ・ラテ)
→エスプレッソ+スチームミルク+フォームミルク
 
これはラテのミニバージョンのようなものです。
ただし、エスプレッソの量は普通のラテと同じなので、コーヒーが濃い!
  

●Ristoretto(リストレット)
→エスプレッソの濃厚バージョン。
  
一番香りの良い部分だけを出します=いいとこ取り!!
  

●Magic(マジック)
→リストレット+スチームミルク+フォームミルク
  
リストレットを使ったフラットホワイト、という感じです。
メルボルン発祥といわれている飲み方ですので、フラットホワイトと飲み比べてみても面白いかもしれませんね^_^
 

●Affogato(アフォガート)
→アイスクリーム+エスプレッソ
  
これは飲み物ではなく、デザートですね!
冷たいアイスクリームに淹れたてのエスプレッソをかけて食べます!
  

英語でコーヒーを注文しよう!ミルクの種類

オーストラリアでは、牛乳以外のミルクでコーヒーを飲むのも一般的で、
カフェのメニューにも必ず書かれています。
 
色んなミルクを試してみるのも楽しいですね^_^

●Full Cream Milk(フル・ミルク)
→普通の牛乳
 
オーストラリアは酪農大国!濃厚で美味しい!
 

●Skinny Milk(スキニー・ミルク)
→低脂肪牛乳
 

●Lactose Free Milk(ラクトース・フリー・ミルク)
→ラクトース(乳糖)なしの牛乳
 
乳糖不耐症や牛乳でお腹がゆるくなってしまう方に。
 

●Soy Milk(ソイ・ミルク)
→豆乳 

●Almond Milk(アーモンド・ミルク)
→アーモンドミルク

●Oat Milk(オーツ・ミルク)
→オーツミルク
 
個人的には、オーツミルクおすすめです!

英語でコーヒーを注文しよう!英会話編

コーヒーの種類と名前、オッケーですね!
ミルクの種類も分かったところで、本番です!
 
実際に注文する時に便利な一言を、いくつかのパターンで紹介します!

お店でコーヒーを飲みたい時

Could I have a latte to have here?
(クッド アイ ハヴ ア ラテ トゥ ハヴ ヒア?)

 
→(ここで飲む)ラテを下さい。
  
”Have here”で、お店で飲むということを伝えられます。
 

Could I get a (*soy) latte for here?
(クッド アイ ゲット ア (ソイ) ラテ フォー ヒア?)

 
→(ここで飲む)(*豆乳)ラテを下さい。
*牛乳以外のミルクが良い場合は、コーヒー名の前に言うと伝わりやすいです^_^
 
”For Here”も、お店で飲むということを伝える表現です。
 

テイクアウェイしたい時

Can I grab a (/two) small latte to go?
(キャン アイ グラブ ア (/トゥー) スモール ラテ トゥー ゴー?)

 
→テイクアウトで、スモールサイズのラテを(2つ)下さい。
(1つ以上の場合は数字を変えて言うだけでオッケーです!)
 
”To Go”=テイクアウトです。
 

Could I get a medium (large) latte for take away(with one suger)?
(キャン アイ ゲット ア ミディアム (/ラージ) ラテ フォー テイク アウェイ?)

 
→テイクアウトのミディアム(ラージ)サイズのラテを下さい。
(コーヒー名の前にサイズを言うと、伝わりやすいです^_^)
  
”Take away”=テイクアウトです。
”Take Out”でも伝わるかと思いますが、こちらの言い方が一般的で、伝わりやすいです^_^

英語でコーヒーを注文しよう!まとめ

さぁ、もう準備は万端です!
自信を持って、コーヒーを英語で注文してみましょう^_^
  
オーストラリアには有名なカフェがたっくさんあるので、
この国のコーヒー文化を楽しむのも一つの旅の醍醐味です。
 
日本ではあまり馴染みのないスタイルもたくさんありますので、
是非、本格コーヒーを飲み比べて、楽しんで下さい^_^
 
ここまで読んでくださって、ありがとうございました^_^

ブログを読んで良かったと思って下さった方は、
サポートよろしくお願いします^_^

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました