ワーホリ中に国際免許証の有効期限が切れそう!?免許証の英語翻訳を依頼!【オーストラリア】

国際免許証 英文翻訳する Australia
この記事は約5分で読めます。
あなた
あなた

オーストラリアワーホリ中に車を運転することになった!
でも、国際免許証を持ってない!

あなた
あなた

国際免許証の有効期限が切れちゃった!

  
そんな時には、日本の免許証を英語翻訳しましょう!
    
面倒くさそうに聞こえますが、実は手続きはめちゃくちゃ簡単です。
    
翻訳を依頼する手順も解説していますので、最後まで読んで下さいね^_^
 

オーストラリアで運転するために必要なもの

注意点

州ごとに、ルールが微妙に違っているので、
各州のルールを必ず確認して下さい。
 
※ここではビクトリア州のルールを元に、解説していきます。

オーストラリアで運転するために必要なもの

日本の自動車運転免許証を利用する方法 

短期滞在の方は,
①有効な日本の自動車運転免許証とその翻訳(当館発行の自動車運転免許証抜粋証明またはNAATI翻訳者による翻訳等)
または②有効な日本の自動車運転免許証と有効な国際運転免許証があればビクトリア州・南オーストラリア州内で運転が可能です。
  
タスマニア州では①有効な日本の自動車運転免許証とその翻訳(NAATI翻訳者による翻訳のみ対応)または②有効な日本の自動車運転免許証と有効な国際運転免許証で運転が可能です。
 
運転の際には身分証明書としてパスポート及びオーストラリアビザ証明書を携帯するようにしてください。

(在メルボルン日本国総領事館HPより↗)

つまり・・・
    
ビクトリア州(+南オーストラリアとタスマニア州)で運転するには、方法が2つ。

①国際免許証+日本の運転免許証
 
②日本の運転免許証+英語翻訳

  
①国際免許証+日本の運転免許証の2つを持っている方が多いのではないでしょうか?
  
1年未満しか運転しない場合は問題ありませんが
 
国際免許証の有効期限は1年なので、
   
セカンドビザ等で1年以上滞在する場合、日本へ帰国して国際免許証を再取得しない限り
②の方法で運転できるようにします。
   
それなら、最初から②で行くのか良い!というのが結論です!
   
二度手間にならず、節約にもなるし、日本の免許証が有効な間は、翻訳も有効なので
   
期限を気にする必要もなくなります^_^
 

注意

国際免許証は、期限が切れたあとでも、捨てないようにー!!
   
試験場や警察署へ返還するために、保管しておきましょう。

 
ここからは、日本の運転免許証の英語翻訳について詳しく解説していきます。
 

日本の運転免許証の英語翻訳を依頼する方法

日本の運転免許証の英語翻訳を依頼する方法

 
免許証の英語翻訳は、NATTIという国公認の翻訳者に依頼をします。
   
それ以外は認められませんので、注意しましょう!
 

もっちゃん
もっちゃん

自分では、できません!

NATTIのHPへ行き、翻訳者を探します。
※ここでは、ビクトリア州のNATTI翻訳者を探します。
 

・Translator(翻訳者)
・Japanese into English(日本語から英語へ)

 

上記の条件に当てはまる翻訳者一覧が出てくるので
 
さらに、VIC州に限定して絞り込みます。
 

翻訳者の方の連絡先が見つかったら、直接コンタクトを取り、
免許証の翻訳を依頼します。
  
(私は日本語でメールを送りました!)
 

私が依頼した時は、表&裏の翻訳で$42(国内送料込み)でした。
  
日本で国際免許証を取得するのが、だいたい3000円以内なので
1年以上運転する予定がある人には、英語翻訳の方がお得です!  
    
 
依頼してから1週間かからずに、書類が手元に届き、
とても丁寧な対応をして下さる方でした^_^
    
  
とはいえ、オーストラリアの郵便事情は日本のように
きっちりしていないところがあるので、何事も早めに!
  

ビクトリア州で、無免許運転をした場合
 
最大$3,600の罰金または、3ヶ月の懲役刑

もっちゃん
もっちゃん

絶対いや・・・!

日本の運転免許証を利用してAUSで運転する方法:まとめ

日本の運転免許証を利用してAUSで運転する方法

・オーストラリアで運転するには
①国際免許証+日本の運転免許証 または②日本の運転免許証+英語翻訳が必要
 
・国際免許証の有効期限は1年
 
・1年以上滞在する予定がある場合は、英語翻訳が国際免許証取得よりお得

 
私は、何も知らずに、日本から国際免許証を持ってきてたのですが、
 
セカンドビザを取得し、2年目も運転する予定があったため
 
そこで初めて英語翻訳について知りました。
   
セカンドビザを取る予定があったり、留学生の方も、1年以上滞在するなら、最初から翻訳をしている方が、絶対お得です。
 
翻訳された書類を持っている場合、日本の免許証が有効な限り、翻訳も有効です!
  
  
もし、英語に自信がなくても、問題ありません!
NATTIの翻訳者の方は日本人の方、または日本語が話せる方なので、安心して下さい^_^
   
長期で滞在する予定の方は、オーストラリアの免許証へ切り替えることも可能で、
 
その際にも、この翻訳は必要になりますので、
 
いずれにせよ、翻訳書類を持っておくのがベターです!
   
  
では、快適なオーストラリアライフをお過ごし下さい〜♪
  
最後まで読んでくださって、ありがとうございました^_^

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村

ブログを読んで良かったと思って下さった方は、
サポートよろしくお願いします^_^

コメント

タイトルとURLをコピーしました