世界一周の旅は強制延期!オーストラリアに残ることにしました。

Working Holiday
この記事は約6分で読めます。

オーストラリアでのワーホリ後、世界一周の旅をはじめる予定でしたが、強制延期!!
そして、ワーホリビザの期限は、残り2週間ほどとなりました!
( 文章にすると、けっこう詰んでる感が出ますね(^^;)笑)
   
キャンセルになったチケットのことや、オーストラリアに残ることにした理由もシェアします(^^)

世界一周の旅は強制延期です。

地球がいま、こういう状況ですから、仕方のないこと。

今は、地球と全人類が優先!

世界一周の旅は強制終了

「行くべきか、どうするか」と悩む必要もなかったので、心配性&優柔不断のわたしにとっては、逆に良かったかなーと思っています。

もっちゃん
もっちゃん

プランBとして「バリへのプチ移住計画」も、もちろんナシです!

世界一周の旅は強制延期:チケットはどうなったか?

予約していたチケットは3つありました。

①メルボルンーバリ(AUD219)
②バリーギリシャ(AUD488)
③スペインーニューヨーク(AUD200)

①メルボルンーバリ
真っ先にキャンセルとなりました。=オーストラリアから出れない。(←後に詳しく説明します。)バウチャーで返金されます。
  
②バリーギリシャ
少し前までは「希望者には返金対応します」という案内だったのですが、最終的に、こちらもキャンセルが決まり、バウチャー…
    
③スペインーニューヨーク
予約が6月だからなのか、現時点ではキャンセルにはなっておらず、「希望者にはバウチャーを出す」との案内が出ているのみです。いずれにせよ、スペインに行くまでチケットがキャンセルになっているので、いずれにせよバウチャーになりそうです(T_T)
  
※バウチャー=金券のようなものですね。支払い済みの金額と同じ分を、別のフライトに使えることになっています。
  
っていうか、バウチャーで返金って、ずるい!って思うのは私だけですか?笑
使えなかったら…と思うと、怖いです。(きゅ、900ドル…) 
とはいえ、航空会社もたいへんですよね。
バウチャーもらえただけ、ありがたい!!って、言い聞かせる。

飛行機がキャンセルでオーストラリアを出れない?!

オーストラリアを出る飛行機は、ビザが切れる当日に飛ぶ予定だったんです。
その飛行機がキャンセルになり、別の飛行機をさがしたり、日本行きの飛行機もさがし始めましたが、もうね、キャパオーバーでした。

もっちゃん
もっちゃん

このチケットいけるやん!
あ、シンガポール通ってるからアカンわ。

もっちゃん
もっちゃん

これならいけそうやな。
あ、国境封鎖された…

ってな感じで、どんどん、選択肢が無くなっていきました。
毎日、ものすごい速さで、状況が変わっていくため、追いかけるのに必死で、正直、パニックになりました。

帰れない!
ビザがきれてしまう!
どうしよう!!!!!

そんな時に、唯一の希望だったのが、ANAでした。(シドニー〜羽田間は、4月24日までは週7で運行されるという情報が出ていました。ANAホームページ)
         
これで安心!と思ったものの、チケットがまぁ高くて…(T_T)
すでに900ドル分のチケットが保留になっていて、さらに1500ドルのチケットを買う勇気は出ませんでした。
数十万円のチケットを買って、帰る人もいるようですが、わたしには出来なかった。
       
「無理してでも帰るべきか」
「オーストラリアに残ったほうがいいのか」
     
ふたつの間を行ったり来たりして、不安な気持ちだけが大きくなるばかりで…
  
だから、もう決めてしまおう!!
     
そうして、パートナーと話し合った結果、オーストラリアに残ろうと決めました。

オーストラリアに残ることを決めた理由

※決めた!とは言え、ビザの問題はまだクリアできていません。
   
わたしたちなりに考えて、この答えを出した理由をシェアします。

オーストラリアに残ることにした理由

①保険に入っている
②今、飛行機に乗るリスクが高すぎる
③オーストラリアドルのレートが悪すぎる
④オーストラリアでの生活の方が慣れている
⑤オーストラリアの方が早く状況が落ち着きそう
⑥自分が感染者かもしれない→日本の家族へのリスクが高すぎる

●保険に入っている

世界一周の旅のために、年明けに海外保険に入ったんですよね。
もう、この時にために、入ったんか!と思うくらいで、あの時に保険入ろうと思った自分エラい!と思いました。
  
だって「無保険では、リスクが高すぎる。」
ワーホリ期間、無保険で過ごしたわたしでも、思います。この状況は。(説得力のなさ)

●今、飛行機に乗るリスクが高すぎる

飛行機という密集した空間が、まず怖いです。
どれくらいの人が乗るかもわからないので、避けたいですよね。

●オーストラリアドルのレートが悪すぎる

最近のレートは、平均1ドル66円です。
いくら時給の高いオーストラリアで稼いでいても、レートが悪いと意味がありません。
わたしは、日本円を持っていないため、損しかありません(T_T)

●オーストラリアでの生活の方が慣れている

日本に帰って、いろいろな手続きをすることや、新しい生活の土台を作ろうと思うと、かなりの労力が必要です。それなら、今いる慣れた土地で過ごすほうが、からだにもメンタル時にも良いという判断をしました。

●オーストラリアの方が早く状況が落ち着きそう

日本は、ここ数日(3月25日頃から)、急激に感染者が増えていますね。
それに比べてオーストラリアは、早い段階で国境封鎖をしたり、ロックダウンをしたりと、対策が早く進められてるなと感じています。
   
オーストラリアでも毎日感染者は増えているけれど、ロックダウンの成果がでるまで、一定の時間が必要なことを考えると、1、2ヶ月後には落ち着き始めるんじゃないかと、希望を持っています。

●自分が感染者かもしれない→日本の家族へのリスクが高すぎる

自分がすでに感染しているかもしれないと思って、行動しよう!という呼びかけが多くあります。無症状で撒き散らすって、一番タチが悪い。
    
わたしには寝たきりのおじいちゃんがいるし、両親も若くないし、姪っ子や甥っ子もいます。
みんなのことを考えると、日本の我が家に帰るには、リスクが高すぎました。
大切な人たちを守るために、離れていることも大事だと感じました。

    
ほかにも、理由はありましたが、主な理由はこの6つです。
日本へ帰るべき!という意見も、もちろんあるとは思います。
それぞれ判断基準は違うと思うし、他にも方法はあるのかもしれないけれど、わたしとパートナーは、これが最善策だという結論を出しました。
   
残る課題は、ビザです!

オーストラリアに残ることにしました:さいごに

このコロナ大流行のために、仕事がなくなった方、たくさんいると思います。
   
今は州と州の移動も制限があるので、簡単に動くことも出来ず、不安な思いをされている方もたくさんいると思います。
ビザがもうすぐ切れるという方も、少なくないんじゃないかと…
      
わたしができることは、こうしてわたしの状況をシェアすることだけですが
こういう時だからこそ、前向きに過ごしましょう!(^^)
(ネガティブでいると、免疫力も下がってしまうとか。)
    
今、滞在延長のために、ビザ申請の準備をしています。このままでは不法滞在になってしまうので、ヒヤヒヤ!
でも、「なんとかなる!」と、根拠のない自信で過ごしています。
ビザの申請ができたら、すぐにシェアしますね!
      
みなさんが、どうか健康で過ごされますように。
    
最後まで読んでくださって、ありがとうございました^_^

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ブログを読んで良かったと思って下さった方は、
サポートよろしくお願いします^_^

コメント

タイトルとURLをコピーしました