日本に帰ります!オーストラリアから日本へ帰る人が知っておきたいこと。

Australia

コロナが落ち着くまで、オーストラリアに残る!と決心し、先日、ブログでもお伝えしていましたが… 最終的に、日本へ帰ることを決めました。

もっちゃん
もっちゃん

短い間に、話が、2転3転してしまって、すみません(T_T)

帰ることにした経緯と、これからオーストラリアから日本へ帰る人が知っておきたいことをシェアします!

チケットが安くなった!

先週の金曜日(2020年4月3日)のことです。
  
ふと、「今チケットの値段どれくらいになってるんやろう?」と思い、興味本位でANAのチケットを見ていました。
すると、前は最低でも、ひとり$1,500くらいだったのが、$900にまで下がっていました!

もっちゃん
もっちゃん

今、帰りなさいってことかも。

ちょうど、オーストラリア政府がワーホリや学生ビザの人に対して、帰国を促す発表をしたタイミングでもあったので、今かなぁと思いました。
残るための理由や方法を色々と探してきたけれど、やっと「帰る」という選択肢を受け入れられた気がします。
     
※その後、バックパッカーのビザ延長が条件付きで認められましたが、すでにチケットを取っておりました。

わたしは外国人であるということ

「オーストラリア国民が最優先」
    
当然のことですが、はっきり言われると、ちょっと悲しかったりもして。
片思いしてて、フラレた気分。
わたし、オーストラリアめっちゃ好きやでー!!!!って。
   
でも、仕方ないです、こればっかりは。 
                    
この先どうなるのか、誰にもわからない状況です。
世界中、どこにいても、同じですよね。
   
例えば、この先3ヶ月間、オーストラリアで、なんとか生活できたとしても、そのあとに日本に帰れる保証は、どこにもなくて。
飛行機が飛んでいないかもしれない、日本が国境封鎖するかもしれない。何でも起こりうるんです。(そんなことは起きてほしくないけど。)
      
いずれにせよ、遅かれ早かれ、日本へ帰るときは来る。
それなら、早く帰って、生活の基盤を整えようと、思いました。
   
賛否両論あると思いますが、これがわたしの最終決断です。
色々と心配してくださったみなさん、ありがとうございます。

オーストラリアから日本へ帰る人が知っておきたいこと

ここからは、日本帰国にあたり、わかったことをシェアしていきます。
知らないと、いろいろと大変そうなので、是非チェックしてください。
   
帰るのも、簡単じゃなかった…!
(※実際に帰る以前の情報です!)

●オーストラリアからの帰国者への日本の対応

(オーストラリアから日本に帰る人も、これの対象です)

外務省、または厚生労働省のホームページで詳細を確認できます。

ポイント

・オーストラリアからの帰国者は、全員PCR検査の対象
・検査結果が陰性の場合でも、2週間の自己隔離が必要
・バス・タクシーなどの公共交通機関は使ってはいけない

  
わたしは、メルボルンから大阪までのチケットを取ったのですが、色々と不明点があったので厚生労働省に問い合わせました。

厚生労働省新型コロナウイルス感染症相談窓口
海外から:+81-3-3595-2176(日本語、英語、中国語、韓国語に対応)

問い合わせた内容

①検査を受けるのは最終目的地の大阪か?
②検査結果が出るまでの、指定の待機場所はどこになるのか?
③検査結果待ちの間、滞在費は負担されるのか?
④家族の迎えが無理な場合等、具体的にどうやって移動したら良いのか?
⑤自己隔離はどこでするのか?

①検査を受けるのは最終目的地の大阪か?
入国した場所で検査を受けるので、羽田での検査となります。
  
②検査結果が出るまでの、指定の待機場所とは、どこか?
→空港周辺のホテルが抑えられているそうです。ただ、時間帯や人数によっては、ホテルには入れず、空港内のスペースで待機することになる場合もあるそうです。
  
③検査結果待ちの間、滞在費は負担されるのか?
国が抑えているホテルで待機する場合、その費用は負担されるそうです。
  
④家族の迎えがない場合など、具体的にどうやって移動したら良いのか?
→自衛隊が送迎のために動いているという情報が入ってきているが、厚生労働省の管轄ではないので、詳しいことは答えられません、とのことでした。
  
⑤自己隔離はどこでするのか?
→自分で確保したホテル等でオッケーとのことでした。(Airbnbも可)
ただし、2週間の自己隔離が終わるまでは、公共交通機関を使えないので、大阪には帰れず、東京周辺で待機しないといけないそうです。(宿までの移動どないすんねん。)

●国内乗り継ぎがある人(ANAの場合)

国内線のチケット(東京ー大阪)は、キャンセル…?と、不安になったので
ANAさんにチケットの一部変更が可能かどうか、問い合わせました!
「(日本)国内線の予約変更は可能」とのこと!
  
ただ、オンラインでは変更が出来ず、コールセンターのみで受付しているそうです。

ANAのお問い合わせ窓口(オーストラリアから)
・1800-081-765(24時間受付・無料)
・+81-3-4332-6871(24時間受付・有料)

(※朝早めの時間にかけると、無料の方でもすぐに繋がりました!)

早速、予約変更のために電話をしたところ、すぐに変更出来ました〜\(^o^)/
変更手数料もかからず!
今回の帰国にあたり、ANAさんの対応の素晴らしさに感激しています。

もっちゃん
もっちゃん

ANAさん、ありがとう!

●どないしたらいいねん!

水際対策は大事ですけども…なんだか、すごい冷たいというか、放置というか。
自分でどうにかしてね!っていう感じがすごいですね!
       
待機場所や、送迎のサポートとかないと、関東に知り合いのいない人はどうするんですかね…オーストラリアの対応を見ているだけに、とても温度差を感じました。
     
わたしも、まだ、どうやって移動するか、目処は立っていません。
検査で100%陰性になる保証もないから、宿の予約も出来ないですしね…
同じような状況の人が、結構いるんじゃないかと思います。
  
自分の国に帰るのが、こんなに大変になるとは…!

正しい選択をしたのか?

今は、その答えは、わかりません。
帰ることが決まった今も、正直、不安です。
    
オーストラリアに残る人、わたしのように帰る人、それぞれ状況は違っていて、それぞれの選択があると思います。
    
どれも間違っていないし、どれが正解かもわかりません。
   
今、できることは、しっかりと感染予防をして、帰ること。
「自分が感染しているかもしれない」という意識を持って行動していきます。
最終的に、自分の家に帰るのは、まだまだ先になりそうですが、家族や周りにいる人たちのため、しっかりと隔離生活を送りたいと思います。
    
日本もいよいよ緊急事態宣言が出されるとの報道を見たので、帰る頃にはまた状況も変わっているかと思います。
  
こんな、歴史に残るような瞬間を生きていると思うと、すごい…
一日も早く、平和な日々が戻ってきますように🙏🙏

最後まで読んでくださって、ありがとうございました(^^)

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村

ブログを読んで良かったと思って下さった方は、
サポートよろしくお願いします^_^

コメント

タイトルとURLをコピーしました